お腹周りもゆったりで着やすいマタニティ服が豊富

新しい命がお腹に宿り、とびきり嬉しい気持ちの半面、妊娠中や出産後の育児に向けてなにかと準備が必要になりますね。
マタニティや産後のママはなにかと外に出るのも大変で、買い物も気軽にできないのが大変な所です。
そんな忙しい妊婦さんや産後ママに便利なのが、マタニティ用品や産後グッズが充実している通販サイト「キューズベリー」です。
今回はそんなキューズベリーのおすすめポイントについてご紹介したいと思います。

 

だんだんと大きくなっていくお腹。
愛おしいけれど、着る洋服がなくて外出も億劫になってしまったり、サイズの合わない服を無理やり着てはいませんか?
キューズベリーには、マタニティから産後の授乳期まで長く使えるマタニティ服が充実しているんです。
デザインもマタニティ用とは思えないくらい可愛いものやカジュアルなものが多いので、おしゃれも楽しめるマタニティライフが送れそうですね。
妊娠期間しか着れないデザインのものだとちょっと買うのもためらいますが、授乳口付デザインで授乳期も使えるのが便利なポイントです。
お腹の大きな妊娠期間だけでなく、産後すぐはお腹を締め付けるのも苦しいので、ゆったりした洋服があると重宝しますよ。

キューズベリーの抱っこひもは使いやすいと評判

 

キューズベリーの代名詞ともいえるのが「抱っこひも」です。
4種類の抱っこひもが展開されていて、それぞれ自分やベビーのライフスタイルにあったものを選ぶことができます。
どの抱っこひももサイズ調整ができて、ママとパパが共用できるからお休みの日のおでかけにも便利ですね。
抱っこひもを使うときに一番面倒と感じるのが、抱っこひもの付け外しです。
赤ちゃんを抱っこしたりおろしたりするたびに、抱っこひもを外さなければならないのが手間になります。
でもキューズベリーのジッパー付きタイプの抱っこひもなら、ジッパーを開閉するだけで赤ちゃんを出し入れできるのでとっても便利。
アクティブ派のママに人気を集めています。

日本人に合った抱っこ紐だからおすすめ出来る

 

大切な赤ちゃんに使うものだからこそ、その安全性は絶対ですよね。
キューズベリーの抱っこひもは日本製で、日本人の体格に合わせて作られたものです。
赤ちゃんやママ・パパのことを考えた抱っこひもなんです。
外国製の抱っこひもでは、まだ月齢が小さい赤ちゃんにはすこしサイズが大きいと感じることもあるようです。
しかしキューズベリーの抱っこひもなら、日本の赤ちゃんのサイズを基本にしているのでそんな心配は無用、赤ちゃんも快適です。

赤ちゃんの体重が半分に感じられるクロス抱っこ紐

 

クロスタイプの抱っこひもは、長時間使っていると肩や腰に負担がかかることがあります。
キューズベリーではこのお悩みを解決すべく開発を重ねてきたそうです。
赤ちゃんの体重をママの身体全体に分散させることで、赤ちゃんの重みが半分と軽く感じられる機能が備わりました。
さっと装着して、コンパクトにまとめられるメリットはそのままに、腰ベルトが付いたことで肩にかかる重さを腰にも分散してくれるんです。
肩ひもも分厚くクッション性が高いので、より快適に赤ちゃんを抱っこすることができます。
クロスタイプの抱っこひもでは、赤ちゃんを下すときにマジックテープや留め具を外す必要がないので、ねんねした赤ちゃんをそっと下すことができます。
寝かしつけにもぴったりな抱っこひもなんですよ。
このように、妊娠中や産後ママに便利なアイテムが充実しているキューズベリー。
未来のベビーとの生活を思い描きながら、ヘビロテ間違いなしの使える安全なアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。